森岡 美和子

 

出身地: 広島県呉市

居住地: 広島市南区

ホームページ

You tube@miwako

 

 

3歳でピアノの手ほどきを受け、森川ようみ、故石川正司諸氏のもとでピアノを学ぶ。

 

1984年、武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ科に入学。ピアノを故福井棠子女史に師事。昭和63年度福井直秋記念奨学生。同校卒業後、東京コンセルバトアール尚美 ディプロマコース に在籍。ピアノを窪田隆、現代音楽を藤井一興、伴奏法を諏訪幹雄諸氏に師事。

 

1989年、渡欧。オーストリア ウィーン市立コンセルバトリウム演奏家コースに留学。ピアノ及び室内楽をO.Probst博士に、伴奏法をL.Aumeyer女史に師事。同校在学中より、マスターコースの終了演奏会、学内コンサート、室内楽の夕べ、テレビ・ラジオに出演。

 

1990年、ウィーンエンゲルマイヤーホールにて、第一回ソロリサイタルを開催し演奏活動を開始。1995,96,97年、愛知県三好市主催国際交流コンサートに招聘され日本での演奏活動を開始。1995年、コンセルバトリウム卒業。1996年、帰国。

 

帰国後は、演奏・指導携わりながら、恩師石川正司氏のもとでさらに研鑽を重ね、2001年~2004年、氏のゼミでバッハ「インベンションとシンフォニア」の演奏法を研究。2010年~2013年、ヴァイオリニスト高橋和歌とのデュオで、モーツァルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタ(マンハイム期)を研究。2013年~、パンの笛奏者 岩田英憲とのデュオを組み、中四国を中心に演奏活動。現在、A piacereピアノ会を主宰し、後進の指導にあたりながら、ソロ・伴奏・室内各方面で、フリーのピアニストとして活躍中。